お知らせ

NEWS

2022年1月21日

イベント・講演

データでミライをデザインする。「 WiDS TOKYO @ Yokohama City University 」第4回シンポジウムを 2022年3月8日に開催 !

第1回開催よりRejouiが協力している、WiDS*1 TOKYO @ Yokohama City University が、第4回シンポジウム を 2022年3月8日(火)にオンラインにて開催します。

米国スタンフォード大学との連携で実施する本シンポジウムでは、テーマを「データからストーリーをつむぐ 」として、データサイエンス関連領域で活躍する女性たちを主体とした発表・討論を通じ、この領域の現在を見つめ、将来を語りあい、多くの人材をこの領域にいざなうことを目指します。

第4回となる今回は、スタンフォード 大学 の WiDS創始者から、日本のデータサイエンスに関心のある若い世代へのメッセージをいただきます。
また、プログラムの1つ であるライトニングトーク(LT)・セッションの開催にあたり、参加者を募集します。ライトニングトークとは、「短い時間で行うプレゼン」で、今回は3分間で、発表は一人または複数人のチーム単位 とし、「データサイエンス ×SDGs17目標中の 1目標 ×任意のキーワード」をテーマとして、アイディア や今後の抱負などを発表するものです。

<シンポジウムの概要>

名称: WiDS TOKYO Yokohama City University 第 4回シンポジウム ~データからストーリーを つむぐ~
開催日:2022年3月8日(火) 10:00~12:45
場所:オンラインにて開催
定員 :300名 ※事前申し込み制 、定員に達し次第、締切
参加費:無料
参加登録先:https://wids-ycu.jp/sympo

<プログラム> 敬称略
◆開会 ・ 主催者挨拶 10:00~
小野陽子*2(WiDS TOKYO @ YCUアンバサダー ・ 横浜市立大学データサイエンス学部准教授)
スタンフォード大学からのビデオメッセージ(自動生成の翻訳を画面上に表示予定)

◆講演及びパネル ディスカッション
♢ 講演1 10:20~
演者:関美和( MPower Partners ゼネラル・パートナー)
演題:ファクトフルネスヒットの舞台裏

♢講演 2 10:50~
演者:鈴木世津( ヒューネクスト株式会社 CEO、 前ウィコネクトインターナショナル日本プロジェクトディレクター)
演題: データで示す、多様性あるサプライヤーが描く未来

♢パネルディスカッション 11:20~
・関美和
・鈴木世津
・小野陽子(モデレータ)

◆ライトニングトーク・セッション 11:40~
♢持ち時間最大 3分でテーマに即したショート・プレゼンテーションを実施
♢発言テーマ:データサイエンス× ×SDGs×任意のキーワード

◆ライトニングトーク講評 等 及び表彰式 12:15~

◆全体講評 12:30~
文部科学省高等教育局 専門教育課

◆閉会 12:40~
小野陽子

<ライトニングトーク・ セッション参加者募集 について>

ライトニングトーク・ セッション参加者を募集しています。応募詳細はこちらをご覧ください。

発表テーマ:「データサイエンス ×SDGs17 目標中の 1 目標 ×任意のキーワード」
※SDGs の 目標達成 のためには、 データ に 基 づく 思考 が 重要 と 考 えており、 今回 のLTでは、上記の 17目標の中から 1目標を選び、その目標に即した斬新な 発表 を期待しています。

<参 考>
*1 WiDS
WiDS Women in Data Science とは、米国スタンフォード大学の ICME Institute for Computational & Mathematical Engineering を中心とした世界的な活動で、性別に関係なくデータサイエンス分野で活躍する人材の育成を目的とし、世界各地でシンポジウム等を実施。
日本においては、 2018 年度より本学が、スタンフォード大学 ICME と連携し、国内の産官学の協力を得て、 WiDSを冠したシンポジウム等を主催しています。

*2 WiDS TOKYO @ Yokohama City University アンバサダー 小野 陽子(おのようこ)
データサイエンス学部准教授。 WiDSアンバサダーは、 WiDSの地域大会の企画・実施およびデータサイエンティストの活動全般をサポートする役割を担う者として、米国スタンフォード大学より任命されるものです。
小野准教授は、日本国内で初めて WiDSのアンバサダーに就任し、産官学による連携のもと、WiDSを冠した本 シンポジウム の企画・実施等の活動を行っています。

 

 

2021年12月23日

セミナー告知

2022年1月29日(土)開催「WiDS HIROSHIMA アイデアコンペオンライン視聴募集のお知らせ

広島県を中心に、2021年8月より、今回で3度目の開催となる WiDS HIROSHIMA のアイデアコンペ「次世代のお弁当」の最終プレゼンテーションと表彰の様子がオンラインにて配信されます。

今回のアイデアテーマは『次世代のお弁当』。
私たちが生きる上で欠かすことのできない「食」に着目し、日本人にとって身近なお弁当とデータ活用を掛け合わせ、食生活に新たな価値をもたらすアイデアを発掘します。
審査員による評価のほか、視聴者のWEB投票にて、審査区分ごとに優秀者が表彰されます。
食とデータによる新しいアイデアが誕生する瞬間をぜひご覧ください。

▼『WiDS HIROSHIMAアイデアソン』視聴登録
(ご視聴には事前のお申し込みが必要となります。)
https://www.value-press.com/pressrelease/287220

▼ イベント公式サイト
https://wids.hiroshima.jp/

▼ プレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/287220

2021年12月21日

ニュース

年末年始休業のお知らせ

年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【休業期間】

2021年12月25日(土)~ 2022年1月4日(火)

※1月5日(水)10:00より通常営業とさせていただきます。

尚、上記期間中にお送りいただきました問い合わせにつきましては、年明けの5日(水)より順次対応をさせていただきますので、ご了承ください。

2021年12月15日

セミナー告知

【2022/2/6(日)】中学生限定「統計チャレンジセミナー」をRejouiが運営いたします

総務省統計局・和歌山県が合同で主催する全国の中学生向けセミナー「統計チャレンジセミナー」が2022年2月6日(日)に開催されます。
主催の委託を受けて、株式会社Rejouiがプログラム開発・講師・運営をおこないます。

本セミナーは中学生を対象に、身近な事象を題材に統計の基礎に関する学習やデータサイエンス体験ができる演習付きのプログラムです。
開催は、Zoomを使用したオンライン形式と、和歌山県内の会場における集合形式の同時開催となっています。

Rejouiでは、子ども向け教育プログラム「データサイエンスforキッズ」や、総務省と連携した、高校生の機械学習の必修化に伴う教員向けの指導教材の開発などをおこなってまいりました。今後も統計・データサイエンス領域の教育推進に貢献してまいります。

■開催概要
開催日時:2022年2月6日(日)13:00~(3時間程度・途中休憩あり)

開催方法:オンライン形式(Zoom)/集合形式(会場:和歌山県データ利活用推進センター)

対象:中学校1~3年生

定員:各形式30名(抽選方式) ※いずれか1つの形式にお申込みください。

申込締切:2022年1月21日(金)17:00

講師:株式会社Rejoui 代表取締役 菅 由紀子

必要環境:
(オンライン形式)インターネット環境、インターネットに接続可能なパソコン
(集合形式)筆記用具 ※パソコンは会場にて貸出

詳細、申込
(オンライン形式)
https://www.stat.go.jp/rikatsuyou/training/juniorevent/index.html

(集合形式)
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020100/data/tokei-challenge.html

■プレスリリースはこちら
https://www.value-press.com/pressrelease/286602

2021年11月29日

セミナーレポート

全50回/1500名の大規模研修!広島県主催「みんなのDX研修」開催レポート

2021年9月17日(金)、Rejouiは広島県から委託を受け第1回目の「みんなのDX研修」(*1) を開催いたしました。本研修は、広島県がDXの理解浸透と実現を目指し、約半年間に渡り県内で働くすべての人を対象にオンラインで開催されるものです。
DXを基礎から易しく学べる構成となっており、この研修を通して誰もがDXを身近なものとして捉え、受講後に自身の業務へ活用できるなど、人々が日常的にDXを意識するきっかけづくりを目指します。 (*1)正式名称:令和3年度広島県デジタルトランスフォーメーション基礎研修

講師は弊社代表の菅由紀子がつとめました。当日の様子をレポートします。

初回は、広島県内で働く30名の方にご参加いただきました(定員30名)。各5名ほどのチームにランダムに分かれ自己紹介をしていただき、チーム名を決めてもらいました。
みなさん広島県にちなんだ、チームレモンズやチーム赤ヘル、もみじ饅頭など広島県民にとっては聞き馴染みのある名前が多く見られました。

そもそもDXとは?

まずは、DXについて基礎的な内容の解説です。DXの名前の由来にはじまり、基礎知識や具体的なDXの活用事例などを学びます。AIやIoTといった、DXを取り巻くキーワードについても学び、DXを概括的に理解していきます。
講義では、グラフ等を用いたデータから、広島県のDXの具体的な実態や、全国よりもDXに対する理解度が低い現状などについても触れられ、受講者の方々から驚きや納得など様々な反応がありました。

DX化を実現するためには?

続いて、必要なデータの見極め方、データを用いた仮説や結論の作り方、適切なグラフの選び方、そしてDX化を行うための考え方などを学びます。
ここでは、デジタル活用だからなんでもデータ化すれば良いということではなく、目的をしっかり定めた上で、どのように課題を解決するか考えることが大切です。

講座では、「先生、オープンデータを用いたDX化を考えてみたのですが、これどうですかね?」「大崎上島町の図書館は今こうなっとるよ」など、質疑だけでなく受講者の方々が市町の現状について共有してくれたり、講師と双方向でコミュニケーションを取りながら進行していきました。このように、本研修では広島県のDX推進をインタラクティブに考える時間を過ごせます。

グループワークで考えるリアルなDX

プログラムの締めくくりとして、チームごとに実務を想定したDX化案を考えます。異業種交流から新しい価値観に触れられるのも本研修の大きな魅力の一つです。
実際に現場で問題にあがっている課題から考えた案など、当事者にしか考えられない案が多く生まれ、さまざまなバックグラウンドを活かした興味深いアイデアがたくさん出ていました。

受講後の参加者の声(抜粋)

・DXは進めるのも止めるのも人間である。AIを使う側である自分たちに、扱うための理解が必要。
・「人間」というキーワードを忘れてはならない。考えたり、発想するのは自分の仕事だと認識した。
・AIは人が活用するもの。今自分がもっているデータをどのように活用するかを考えていきたい。
・手作業で何時間も費やしている状態の人に、自動化やデータ活用の価値をどのように感じてもらうか?この点においてもデータは有用。データを見ていかに「おもしろい!」と思ってもらえるかを考えていきたい。
・ワクワクするデータを目指して、可視化に取り組んでいきたい。
・DXを推進するために、まずは現場にいる人の話をじっくり聞くことも重要だと気づけた。

研修のご紹介


本研修は、広島県内にお勤めの方であればどなたでも無料で受講が可能です。開催期間は2021年9月17日から翌年3月中旬までの期間中に50回開催を予定しており、以下の特設サイトにて申込受付をしています。受講者には、使用教材とDX事例集の配布をおこなっております。
お申込みは先着順となっておりますのでお見逃しなく!
特設サイト:https://minnano-dx.jp/

おわりに

参加前、受講者の方々からは、「DX化にあたって、仕組みやシステムの整理など最初の一歩目を考えるハードルが1番高い」といった意見が多くありました。しかし、今回の講座で学んだDXに対する知識と、これまで受講者の方々が培ってきた知識が合わさることで、“考える”というハードルを越えやすくなったのではないでしょうか。
また、1500人もの多種多様な業種の方々が本研修を受けることで、広島県のDX化は大きく前進するはずです。

Rejouiは、DX推進支援事業としてこのような取り組みを通じ、データやデジタルの力を利活用できる人材が増え、日本全体に広がっていくことを願っています。

2021年11月10日

ニュース

11月16日(火)「データサイエンティスト協会8thシンポジウム」において、代表の菅由紀子が登壇いたします

2021年11月16日(火)〜2021年11月17日(水)の二日間、一般社団法人データサイエンティスト協会主催のシンポジウム「Data Scientist Society SYMPOSIUM」が今年もオンラインにて開催されます。

本イベントの中でおこなわれるパネルディスカッションにおいて、16日14:00より当社代表の菅が登壇いたします。
「スキルチェック&タスクリスト更新発表+検定のことなど」と題し、2年ごとのスキルチェックシート及びタスクリスト更新の発表や、今年から始まったデータサイエンティスト検定についてなど、委員会の活動報告を中心に、データサイエンティストのこれからを紐解きます。

この他にも、2日間に渡りデータサイエンスに関するあらゆる最新プログラムをご覧いただけます。ぜひご視聴ください。
ご視聴には事前のお申し込みが必要となります。詳しくは下記イベントサイトをご覧ください。
https://www.datascientist.or.jp/symp/2021/

2021年10月26日

セミナー告知

11/11(木) Data Science Forum2021に代表の菅由紀子が登壇いたします

2021/11/11(木)~11/12(金)の二日間、日本経済新新聞社主催のData Science Forum2021が開催されます。
11日14:30より、本イベントの中でおこなわれるパネルディスカッション①において、当社代表の菅が登壇いたします。

LIXIL社の原田 華帆氏と共に、データサイエンス人材育成の最前線をテーマに語ります。
イベントはオンラインで無料で視聴いただけます。ぜひご覧ください。

申込みサイト
https://events.nikkei.co.jp/42830/

2021年10月25日

セミナー告知

11/10(水) あなたにもできる機械学習セミナーにおいて、代表の菅由紀子が講師を務めます

アナリティクスアソシエーション(a2i)のセミナー「あなたにもできる機械学習 テキストマイニングとレコメンデーション」が11/10(水)に開催されます。
本セミナーは、アナリティクスアソシエーションの有料会員向けのオンラインセミナーです。基礎と応用の二部構成となっており、弊社代表の菅が講師を務めます。
テキストマイニングとレコメンデーションを中心に、プログラム実践のデモを交えながら機械学習について解説します。

第一部:基礎編 実践できる機械学習 その基礎と考え方
第二部:少し応用編 取り組みの流れとPythonプログラミング入門 Google Colaboratoryを使ってはじめよう!

受講対象となるa2i会員登録のお申込みは随時受付中です。

詳細は以下よりご覧ください。
https://a2i.jp/schedule/post-30155/?mm=post-30155

2021年10月20日

セミナーレポート

中学生向け「おしごと体験プログラム」開催レポート

Rejouiが加盟している一般社団法人データサイエンティスト協会の協会員として、2021年9月24日(金)、都内某中学校で中学2年生にデータサイエンティストの職業紹介/体験イベントをおこないました。本イベントは、夢★らくざプロジェクト(https://www.yumerakuza.net/)から依頼を受け、子どもたちが世の中の様々な「おしごと」を知ることで、将来に対する自分の可能性を広げてもらうことを目的に開催されました。講師は、データサイエンティスト協会のスキル定義委員でもある、Rejooui代表取締役の菅由紀子がつとめました。
当日のイベントの様子をレポートします。

プログラム紹介
『料理宅配サービス、どんなチラシを作って誰に配る?』
・仮説立て
・仮説検証
・まとめ、発表

「データサイエンティストって知ってる?」中学生が持つイメージは?

プログラムに入る前に、生徒たちに自己紹介とデータサイエンティストに対するイメージを発表してもらいました。データサイエンティストについて、「あまり知らない」、「プログラムとか頭を使って難しそう」など、消極的な意見の生徒が半数ほどでした。中には、AI技術を悪用するような「悪のデータサイエンティストもいますか?」という鋭い質問も挙がり、生徒それぞれが様々なイメージを持っているようでした。

プログラムは、はじめにデータサイエンスを取り巻く世の中の状況や、データサイエンティストの職業について学び、つぎに職業体験として、『誰にどんな内容のチラシを配ったら、料理宅配サービスの売り上げが上がるだろう?』というテーマで仮説立案・仮説の検証・結論に導くといった、データサイエンティストの一連のプロセスを簡易体験する流れでおこないました。

自分の想像から“仮説立案”

まずは、『どのターゲットが宅配を注文する頻度が高そうか』『どのターゲットが1度に注文する量が多そうか』など、ターゲットとする顧客属性を選ぶところから始めました。
属性を決めた後は、『子供連れの家族は一度に頼む宅配の量は多いはず?』など、想像力を働かせて仮説立案です。子どもたちの柔軟な思考と講師のサポートをかけ合わせ、中学生ならではの仮説もたくさん挙がりました。

データから仮説を立証する

つぎに、仮説を立証するためにどのようなデータが必要なのかを考えます。「月別に顧客ごとの注文回数を知りたい」、「売れた料理ランキングを知りたい」など、仮説に適したデータを確認し、挙げた仮説の検証をしました。そして、仮説が立証できなかった場合は再度仮説を考え、データをチェックしてまた検証してみます。はじめは表情の硬かった生徒たちも次第に慣れ、まるで推理のような仮説検証の繰り返しを楽しんでいる様子が見えました。

そうして集めた情報をもとに、今回のテーマである『誰にどんな内容のチラシを配ったら、料理宅配サービスの売り上げが上がるだろう?』に対して、それぞれが一番効果的だと思うチラシを作成してもらいました。

なぜそのチラシを作ったの?結論をまとめて理由を発表

プログラムの締めくくりとして、作成したチラシとその理由をみんなに向けて発表してもらいました。「4人家族に向けてハンバーグ・ピザ・スパゲティを載せたチラシを配りたいと思います。なぜなら、ハンバーグは売上ランキングで1位であり、ピザとスパゲティはハンバーグと一緒に頼まれることが多いからです。」のように、みなさんデータ(=証拠)をもとにした主張ができており、素晴らしい発表でした。

参加者の声

生徒たちから寄せられた感想を一部抜粋にてご紹介します。


「結構身近なものもデータサイエンティストの人たちが作っているのを知っておどろきました。楽しそうでやりがいがありそうな仕事だと思いました。」

「データサイエンティストって話し合うような仕事だと思いました。今回の体験おもしろかったです。」

「大変そうなイメージがありましたが、思ったほど難しくないことがわかりました。今日より難しいことをテーマにしていると考えるとすごいなと思いました。この職業についてもう少し知りたいと思いました。」

「データを使って調べものをするイメージが強かったけど、チームワークや経験がつまっていて関心しました。」

「データを元に商品の宣伝や1人1人の好みなどを計算できるのはとても素晴らしいと思いました。」

「最初はデータサイエンティストについてデータや科学を使う仕事で、すごく大変なんだろうなというイメージしかありませんでしたが、お話を聞いてとてもやりがいがあり、楽しそうだなというイメージを持ちました。少し学校の勉強もがんばってみようと思います。」


おわりに

Rejouiでは、「日本をデータサイエンティストであふれる国に」したいという想いを掲げ、小・中・高校生をはじめ、企業・官公庁まで、データサイエンス教育の普及活動に取り組んでいます。今回の体験が子どもたちの職業理解につながり、将来の選択肢のひとつとなれば幸甚です。